昨今の猫ブームに乗ったわけではなく、昔から好きな猫のお話

今から1年ほど前モモは我が家にやってきました。
自宅から1時間以上もかけ貰ってきた子猫でした。

第一印象・・・「白い部分が多くてかわいい」ところがあまりにちょこまか逃げるので、つかまりません。
やっと捕まえてバスケットに入れるやいなや私に向かって「シャー、シャー」と威嚇する始末。
こんなで上手になついてくれるかしらと心配でしたが、3日も経つとだんだんなつき始め、1週間もすると我が家の家族と来客の区別がついたようです。なんだか心配したのが馬鹿みたい。

この子はモモと名付けました。特に思い入れがあったわけではなく、思いつかずネットでペットの名前ランキングから付けました。ネーミングセンスがない私・・・
モモは我が家では(私の物心ついたころから)5代目くらいでしょうか、我が家では常に猫を飼い続けている家でしたから。
私も猫がいる生活は当たり前で、いない事が想像できません。

さて、モモとの生活は先代の猫たちのものとはちょっと違います。
う〜ん、うまく言えないけど癒されるのとは違うんですよ。(私は独身なので子供はいないけれど)
子供がいたらこんな感じなのかなぁって思うんです。

ごはんをあげるのもトイレの世話をするのも体重が増えてきてどうしたもんか〜と心配するところも。
モモに対する親心が私に芽生えてきているのかもしれません。引越し業者を一括見積もりで決めて引越し費用を10万円安くしました